TOP > 交通事故相談 > 交通事故相談は専門家へ

交通事故相談は専門家へ

車社会の現代では、交通事故は毎日必ずどこかで起きているトラブルであり、いつなんどき自分が被害者や加害者になるかわからない身近なトラブルです。仮に交通事故を起こしてしまった場合、多額の損害賠償、慰謝料を請求される事例は少なくありません。

かといって人生に何度も経験するようなことでもないので、交通事故が起こった際の手続きや支払われるべき金額について知っている人は多くないでしょう。そんな時、交通事故相談をして助けてくれるのが交通事故弁護士です。費用を抑えようとする保険会社が提示する金額を増額してくれるケースが多いです。

知らないと損する交通事故相談

交通事故の被害に遭った方は、相手や相手側の保険会社に損害を償う慰謝料を請求することができるそうですが、提示された金額が適切かどうかは、算出方法のカラクリを理解した上で、慎重に判断しなければならないのです。

いつ交通事故や被害に巻き込まれるかわからないうえに、それが物損事故なのか、死亡事故なのか、傷害なのか、もし起こった際に交通事故相談ができ、解決事例が記載されているような詳しい記事があれば、ご自身の状況に近いものを参考にできていいのではないかなと思います。ですが、事故が起こらない状況が1番理想だと思います。

悩まず交通事故相談してトラブルも回避可能に

交通事故にトラブルはつきものです。必ずしも事故起こした相手が自動車保険に加入していると限りません。怪我の程度や慰謝料問題に発展すると自力で対処するにも限界があるでしょう。

このような場合、交通事故相談を利用する選択肢が挙げられます。交通事故を専門に扱う弁護士に依頼することで賠償金額が大幅に増えた事例もたくさんあります。また相談だけであれば無料で対応できるところもあるようです。相談するだけでも精神的に安心できますし、いざという時に積極的に相談すれば、後々起こるトラブルも未然に防ぐことができるかもしれません。

交通事故相談を依頼する場合

交通事故相談として、保険会社は営利団体であるため、裁判では認められない独自の低い基準に基づいて、和解の慰謝料等の提示をしていて、保険会社自身もそのことを認識しています。

弁護士に依頼した時は、和解の交渉だけでなく、事例に基づき、細かな事務処理の連絡に至るまで、全ての弁護士が窓口になりますので、面倒な作業を一任することが出来ます。訴訟になっても出廷する必要はありません。訴訟の委任を受けることが出来るのは原則として弁護士だけであります。交通事故は、一生の間に何度もあるものではありません。豊富な経験のある弁護士に依頼した方が得策であります。

交通事故相談で有効となる事故現場の写真

交通事故相談と一言でいっても、さまざまな事例があります。もらい事故であれば加害者と被害者が誰なのか明確ですが、そうでないことの方が多いでしょう。飛び出し事故や追突事故などは、事故の原因となった側が重症を負う場合もあります。

時間が経過すると記憶も曖昧になってしまい、慰謝料などのやり取りが長引いてしまう恐れがありますので、出来るだけ早いうちに加入している保険会社や交通事故弁護士などに相談しましょう。また、事故現場の写真や動画などは客観的証拠となり、交渉の場で有利に働きます。事故直後はパニックに陥ってしまいがちですが、相手方の連絡先を確認するのと、事故現場の撮影は忘れずに行っておきましょう。

交通事故相談を行うために

交通事故を意図的に起こすような人はいません。しかし車や、自転車を運転するだけではなく、歩行中に交通事故にあうケースを完全になくすことが難しいのです。そのような現状にあって、弁護士等に対する交通事故相談等が増加しています。

交通事故には人身事故と物損事故があります。交通事故は揉めるケースが多く、慰謝料の問題や、過失割合等が主な事例になります。多くの方は任意保険に加入しているので保険会社に丸投げで事足りますが、未加入の場合は相手の保険会社や、相手方と直接交渉することになり、難儀を有すこととなります。任意保険に加入すること必要があります。

交通事故の相談とは

メニュー

TOP 交通事故相談 交通事故慰謝料 交通事故慰謝料事例 交通事故弁護士 むちうち慰謝料の相場

ページトップへ戻る