交通事故相談で慰謝料などを聞けると便利です

最近、保険会社の保険に弁護士費用特約または、弁護士費用保険などの保険が増えてきました。自動車保険に加入している人は、何かあったらすべて保険会社に任すことができますが、どんなときにこれらの保険が役立つのかを知っておくと便利です。

それは、保険会社同士の話し合いで決まったことが納得いかない場合などです。「こんなに痛い思いをしているのに、慰謝料がこれだけとは納得いかない。」とか「過失割合についておかしい」などという場合に、交通事故相談にいって、色々と聞くことができたら納得できますし、また、もっと良い方法で慰謝料の金額を算定することができるかもしれません。そういうときに役立つための保険です。直接相談できることはとても心強いことです。

交通事故相談について

交通事故に遭ってしまった場合、どう処理すれば良いのかで悩むことがあるでしょう。示談交渉は保険会社がやってくれますが、それが不調に終わったり、あるいは相手の保険会社と直接交渉することになった場合には、自分では明らかに力量不足ということになります。

特に休業補償などの補償を受ける場合には弁護士に相談するのが良いでしょう。弁護士は不利にならないよう努力してくれますので、相手方との交渉もやりやすくなります。交通事故相談は弁護士であれば、最初は無料、弁護士費用は後払いといったケースもありますので、まずは方針を相談すると良いです。

自転車が起こす交通事故の相談

近頃テレビニュースなどで、自転車が起こす交通事故について報じられていることがあります。交通事故を起こした加害者は、刑事上の責任や、行政処分、民事上の責任などを負うことになります。

刑事上の責任は、自転車は道路交通法上軽車両に該当するので、自転車が起こす交通事故は犯罪になることがあります。他人に自転車で怪我をさせてしまったり、死亡させてしまったりしたときには、自動車が起こす交通事故と同じ様に、高額な損害賠償金を請求されることになります。とても、加害者が払いきれないような金額になることが多いので任意で加入している自動車保険会社や、法律事務所などに交通事故相談をする必要があります。

交通事故相談をするべきか

交通事故の相談は日弁連交通事故相談センターを中心とする、さまざまな場所でおこなえますので相談することをおすすめします。敷居を高く感じたり、弁護士費用が心配であるようであれば、まずは無料相談をしてみることです。

ケースによっては膨大な金額の慰謝料の引き上げができる可能性もあります。そのような事例は無数にもあり、そのことが周知されるようになってからというもの、交通事故が減っているのにも関わらず、交通事故相談をおこなう人が増えるようになりました。インターネットなどで調べてみるとその様な内容はいくつもあるでしょう。

交通事故相談はすべきものなのか

交通事故の際に思っていたよりも被害が少なく済んだ場合において、わざわざ弁護士に依頼すべきかどうか迷う人もいると思います。どちらにしても慰謝料はもらえますので、弁護士費用をかけるくらいならば、今の状態で問題ないと感じている人もいるでしょう。

しかしながら、交通事故にはさまざまなトラブルが考えられ、専門の知識も必要とされますので、万が一の際に泣き寝入りをしないためにも、弁護士や専門機関に交通事故相談しておく事は非常に大切なことになります。それでも敷居が高いと感じるようであれば無料相談にしてみるのもいいでしょう。

交通事故の相談とは

ページトップへ戻る