示談にしたい交通事故の弁護士相談

示談によって解決したいという交通事故もあるでしょう。

人身に関わる交通事故であれば、相手の人がいますので、その人が示談では困るという意見を持っているかもしれません。双方の意見がまとまらずに、解決の糸口が見えない話合いがずっと続きそうな時には、弁護士に仲介してもらい、解決に導きたいですね。

後で思いだした時にイヤな思いをする事がない様にしたいですね。

交通事故弁護士という法律のプロである第三者が仲介する事によってもたらすメリットは大きいでしょう。
自分の思いが相手に分かってもらえなくて辛い思いをしている人や、また悔しい思いをしているという人は、ためらう事なく法律家を頼りたいですね。

後遺障害なら交通事故弁護士に相談するとよい

後遺障害の等級によってもらうことができる慰謝料の金額などが変わってきます。申請は自分で行なったり保険会社に任せてしまうこともできますが、本当に納得がいくという等級にしてもらうためには交通事故弁護士に相談して任せてしまうのがよいでしょう。

保険会社というのは、前例に従って案件を処理していくことが多いので、自分が思っているよりも後遺障害の等級が低かったというケースが良くあります。一度等級が決まってしまうとなかなか変更してもらうことができないので、納得ができる正しい等級にしてもらうためにも専門家の交通事故弁護士にお願いしましょう。

後遺障害の慰謝料が交通事故弁護士に相談すると大きくなる理由

後遺障害の慰謝料は、交通事故弁護士に相談することによって大きくすることが可能です。これは、弁護士と保険会社が定義する賠償金の相場に関する考え方が根本的に異なるからです。

後遺障害によって支払う必要性が生じる賠償金としては、自賠責基準における賠償金と民間の保険会社の基準における任意保険基準の二つが考えられます。これらの基準は、最低限度の相場によって計算される基準であるため、最大限の相場で計算を行う弁護士基準と相いれないものです。そのため、できる限り賠償請求で大きな金額を計算してもらいたいときには弁護士基準で行ってもらうことが重要になります。

後遺障害を適切に受ける為に交通事故弁護士へ相談すべきです

交通事故の被害者は、一定期間の治療を施されこれ以上の症状の回復がほとんど望めない症状固定の診断を受けた後に後遺障害の等級認定の申請を自賠責調査事務所に対して行いますが、加害者側の任意の保険会社による事前認定が一般的に行われています。

しかし、事前認定は被害者に不利益となる記述がある事も少ないので、交通事故弁護士に相談し被害者自ら申請する事で適切な後遺障害等級の認定を受けると共に任意保険会社の治療費打ち切り後にも、被害者請求は自賠責保険へ症状固定後の治療費を被害者請求する事が可能となるメリットがあります。

後遺障害は交通事故弁護士に相談を

交通事故は、いつ、どこで遭遇するか分かりません。外傷が無く、痛みも感じず、一見何事も無かったと思っても、身体に大きな衝撃を受けていた場合は、後から後遺障害が発生し、日常生活に支障を来たすケースも少なくありません。

そんな時は、豊富な裁判経験と、関連法令に高い知見を持った、専門の交通事故弁護士に依頼するという方法があります。後から症状が発生した場合は、申告する事に躊躇してしまいがちですが、後日、明らかに事故と因果関係があると証明され、認定される判例も多数あるため、あきらめる前に、専門家に相談し、アドバイスを仰ぐ価値はあります。

後遺障害が残ってしまうような怪我は交通事故弁護士に相談を

仕事をしている最中に後遺障害が残るような怪我を交通事故で負ってしまった場合は、労災保険や、自賠責保険を適用することができます。しかし、労災保険や、自賠責保険は、どちらも国が補償している制度となっているので、どちらの保険を先に適用しても重複して保険金が支給されないように求償や、控除という形で調整されています。

法律上は、労災保険と、自賠責保険のどちらかの保険を優先して適用しなくてはいけないという決まりはないので、交通事故弁護士に相談して自分にとって有利になる保険を先に適用させるのが良い方法の1つとなります。

交通事故弁護士について

ページトップへ戻る