賠償金の交渉は交通事故弁護士に相談することが一番です

運悪く、交通事故の被害者になって、負傷した場合には、相手に対し、賠償金を請求します。ただし、怪我を負った被害者自身が、交渉するなどということはとうていできません。

怪我をしているため、まず動けないということと、法律に詳しくないことが多いため、加害者側の保険会社のいいなりになってしまい、思うような金額にならないことが多いのです。

そんなときは迷わず、交通事故に精通している交通事故弁護士に相談しましょう。弁護士は被害者の意向をよく聞いたうえで、判断し、被害者に代わって、適正と思われる賠償金の交渉にあたってくれます。

事故で休業した場合の交通事故慰謝料について

自動車を運転する人であれば、誰もが「事故」のリスクを抱えていることになるわけですが、自動車事故には2つの側面があります。つまり、自分が加害者になってしまったケースと、もらってしまったケースです。どちらもないに越したことはありませんが、リスクマネジメントの観点からは、どちらについても多少は考えておかなければならないのがドライバーの努めでしょう。

事故でお仕事ができなくなってしまった場合、休業の補償はどうなるのかといった交通事故慰謝料について知りたいという声は大きいです。交通事故慰謝料の一環として補償を受けるためには、「休業損害証明書」を発行し、保険会社に提出する必要があります。こちらの補償は、厳密には慰謝料とは異なるのですが、いずれにしても証明書類は必須になります。

計算方法は、「1日の保険金=事故前3ヶ月の総支給額÷90日」で計算されることになります。 保険会社によって多少のバラつきが生じる可能性もなくはありませんが、ベースはこの計算になります。 東京・神奈川に限らず、千葉、茨城、埼玉あたりは関東でも非常に交通事故発生件数が多いですから、ドライバーの方には注意して運転していただきたいと思います。

むちうちによる交通事故慰謝料は弁護士へ

むちうちの場合交通事故慰謝料を、加害者や相手の保険会社に慰謝を請求する事が可能です。その際には自分で請求する事も可能ですが、弁護士に依頼した方が確実です。弁護士は法律の専門家であり、最高裁判例について熟知しています。

そのため適切な請求額を算出する事が可能です。通常弁護士に法律相談を依頼したり、事件を受任してもらったらすぐに多額の現金を準備する必要がありますが、交通事故の案件だと弁護士費用の支払いは慰謝料の支払いが済んでからになるので、弁護士費用などの諸費用について心配する必要は、全くありません。

むちうち被害で交通事故慰謝料を請求したいなら

交通事故慰謝料は、被害者が事故で損害を負った時に加害者に請求することができます。例えば、むちうちになった場合も、怪我をして精神的な苦痛を負っているので、それ相応の慰謝料として請求が可能です。

この交通事故慰謝料を請求したいのであれば、まずは弁護士に相談したほうが良いです。その理由は、そもそも請求ができるか、請求することができるとしてどのくらいの額が請求可能か、といったことを助言してもらえるからです。また、自分で加害者側と交渉をするよりも、弁護士に任せた方が法律知識や交渉ノウハウを生かしてもらうことができるので、成功しやすくなります。

むちうちでの交通事故慰謝料ってどれくらい?

交通事故は、いつどこで起こるかわからないものです。そして、自分が交通事故に合ってしまう場合もあります。そのときに気を付けたいことが、むちうちです。事故を起こしたときは気が動転してしまって痛さに気付かない場合がありますが、このケガはよく起こります。

これは、首に負担がかかってダメージを受けるものです。もし、むちうちをした場合、交通事故慰謝料として、治療にかかったお金、通院にかかったお金、そして入院などにかかったお金の他にも、会社を休まなければいけなくなった場合に休業損害も受け取ることができます。しっかりと、覚えておき、慰謝料として請求できるようにしておきましょう。

むちうちでもらえる交通事故慰謝料について

交通事故にはいつどこで合うかわかりません。そして、自分に降りかかってくるかもしれません。そのときに気を付けたいこととして、むちうちです。むちうちになっても、事故に合ったときには気が動転していて気づかないこともありますが、首にダメージを受ける損傷です。

交通事故慰謝料として、治療費や通院費、入院費などが支払われます。そして、ダメージの場合によっては、休業損害や、後遺症生涯慰謝料なども支払われる場合があります。そのため、身体に損傷を受け、身体が痛いと感じた際にはしっかりと、相手に伝えるようにしておきましょう。

ページトップへ戻る