TOP > むちうち慰謝料相場

むちうち慰謝料の相場について

むちうち慰謝料の相場については、いくつかの基準によって定められていることがあげられます。当然ですが適応される基準によって、慰謝料の金額は大きく左右されます。このため、交渉はしっかりとおこなうことが大切となります。このような交渉については、自分だけでおこなう事は非常に困難であることがあげられます。

弁護士費用などが気がかりになる人もいますが、弁護士に依頼した方が結果的に得するケースもあるでしょう。初回の相談でどれほどの費用がかかるのか、またどれほどの慰謝料を受け取れるのかなどを聞いてみる事は大切でしょう。

むちうち慰謝料の相場は弁護士から

弁護士から聞いておけば、様々な情報を得られるようになり、足りない情報も簡単に提供してくれます。提供されている情報によって、自分がいいと思っている部分を取り入れながら、むちうち慰謝料を払っていけばいいのです。相場についてわかりやすく教えてくれるなど、メリットを持っているところに相談したいところです。

相場がわかっていない場合には、出し過ぎや足りない状態が続いてしまい、交渉がうまくまとまりません。正しい金額がわかっているだけでも、相談はスムーズに進むようになり、むちうち慰謝料として良い金額をしっかりと出せるようになります。

むちうち慰謝料の相場を知る為には

交通事故などで強い衝撃により、首がむち打ちになってしまった場合に請求する、むちうち慰謝料ですが、正当な金額をもらう為に相場を知っておく必要があります。相場を知るために必要なのが、ケガの後遺障害等級と自賠責基準や裁判基準といったものになります。

この等級によっては、かなりの差額が出るので、抑えるポイントですが、等級が上がるという事は、しっかりとした治療をしないと体への負担も大きくなります。慰謝料のためというのもそうですが、神経や骨に異常がある場合でも気付かない事も少なくないので、自分の身体のために、レントゲンや整形外科での診断をすることが大事です。

むちうち慰謝料の相場について紹介

むちうちの正式名称は、頸椎捻挫と言います。交通事故やスポーツなどで頸椎に過剰な負荷がかかり、首の痛みや回旋異常、手足の痺れ、眩暈などが起こる症状です。自覚症状が乏しいのに神経などに重い損傷が診られるパターンや、レントゲンに写らず医師が見落とすパターンもよくあります。

むちうちの症状が長く続く場合や、交通事故に巻き込まれたり、スポーツで首を痛めた方は、レントゲンだけでは無くMRI検査なども実施し、隅々まで診てもらうようにしましょう。むちうち慰謝料の相場は、治療期間によって変わります。後で症状が現れても、治療期間が短ければ、後遺障害と認められず、慰謝料に100万円以上の差が出ることもあります。

むちうち慰謝料の相場の詳細

むちうち慰謝料の相場の詳細については、あまり一般の人には知られていません。しかしながら、交通事故での怪我の被害では多い症状の一つではありますので、しっかりと理解しておく必要があるでしょう。むちうちにかかる費用としては、治療費や通院費、後遺障害慰謝料、休業損害などさまざまな費用が予想されます。

症状が重度であるほどに費用がかかってきますので、それに対応する必要が出てくることでしょう。弁護士に依頼することで、正当な交通事故慰謝料を受け取ることが可能性として高くなります。しっかりとした弁護士を探すことがポイントになることでしょう。

むちうち慰謝料の請求ケース

やむをえず交通事故などを起こしてしまってむちうちなどになった場合、むちうち慰謝料はいくら支払われるのか気になるところです。むちうちというのは事故当初は症状が発症していなくても、数日時間をおいてから現れる場合もあるので慎重に慰謝料の手続きを進める必要があります。

病院で診断してもらった結果をしっかり伝えることが大事で、むちうちの症状によって慰謝料の相場も大きく異なります。相手側の保険会社としては多額を払いたくない場合が多くあり、そのような場合は弁護士に依頼をしましょう。弁護士基準という慰謝料算定方式があるので、安心して慰謝料を多く請求することができます。

むちうち慰謝料の相場

交通事故などでむちうちにあった時、むちうち慰謝料の相場は被害の程度によって変わります。また、個人で保険会社に任せるか、弁護士に頼むかによっても大きく変わってきます。交通事故の被害者が加害者へ請求することができるお金は、治療費・通院費・休業損害など様々ありますが、個人で保険会社に頼むと支払いを正当にもらえないときがあります。

しかし、弁護士に頼むと、弁護士費用を差し引いても個人で頼むより多くのお金をもらえることがあります。賠償金や示談交渉は、聞きなれない言葉が多く、正当な金額をもらっているのか分からない人が殆どです。できたら、弁護士に頼むほうが、正当な金額をもらうことができるといえます。

むちうち慰謝料が発生する経緯

対人事故で損害賠償する場合に民法の規定により慰謝料を支払う必要があります。むちうちについては医学的に言えば頚椎捻挫に関係する各種症状で、レントゲン上変形等の状況が分かる場合と変形等ははっきりしないけれども吐き気等の症状が出ている場合があります。

あきらかな変形がある場合には後遺障害として等級認定されます。問題は変形等がないものの症状が残存しているケースで、頚椎捻挫という病状と治療に関しての入院および通院でむちうち慰謝料が算出されますが、金額については相場があります。交通事故であれば自賠責保険の関連で医学的分析に従い調査事務所で後遺障害の認定がされる場合もあります。

交通事故について

メニュー

TOP 交通事故相談 交通事故慰謝料 交通事故慰謝料事例 交通事故弁護士 むちうち慰謝料の相場

ページトップへ戻る