任意保険には交通事故弁護士相談費用特約がある

自動車任意保険には交通事故弁護士相談費用特約というサービスが付加されているのが一般的です。これは、交通事故の被害者になってしまい、自分に過失がなく保険の示談代行サービスを利用できないケースで、弁護士に交通事故相談し示談をサポートしてもらう費用が自動車任意保険で補償される制度です。

加害者側からは保険の示談代行サービスによって損保会社の担当者が交渉の席に着きますが、交通事故弁護士のサポートを受けていれば、先方が提示する低い金額の慰謝料などの賠償金に安易に応じず正当な金額での損害賠償請求ができるように交渉を進めてもらえますから安心です。

後遺障害の認定にも役立つ交通事故弁護士

後遺障害は交通事故の怪我が完治せず、症状が固定されることで生じる障害です。後遺障害には等級が存在し、症状や状態に合わせた適切な賠償金をもらうための基準となります。慰謝料等の賠償金額は、認定された等級に応じて算出されるため、適切な等級認定が行われないと、本来の症状に応じてもらえるはずの賠償金が減るおそれがあります。

等級の認定をはじめ、示談や裁判など事故の様々な交渉や手続きで役立つのが交通事故弁護士です。加害者側は交渉のプロとして保険会社が対応する場合が多く、こちらも専門家として交通事故弁護士を代理とすることで、賠償金額の増加が見込めます。

後遺障害相談なら交通事故弁護士

交通事故が原因で後遺障害になった場合には、保険会社の担当者に相談しても、完治するまで治療費を支払ってくれるわけではありません。このような場合に、交通事故弁護士に相談すると、後遺障害になったことに関する治療費を、事故を起こした当事者に請求してくれたり、保険会社などに請求しくれたりするので、安心です。

示談交渉などは、法律の専門的な知識が必要になり、過失の割合などについても考慮しなければならないので、素人では示談交渉を行うのは非常に難しいです。そのため、法律の専門家である交通事故弁護士に相談することがとても重要です。

後遺障害の等級認定は交通事故弁護士と相談

交通事故によって後遺症が残ってしまうことがあります。そのような場合、症状の程度によっては後遺障害による慰謝料を請求することが可能です。後遺障害として慰謝料を請求するためには、等級を認定してもらう必要があります。

最も症状が軽いのが14級ですが、むちうちなどはこの14級に該当するケースが多いです。等級認定の基準となるのが労働能力損失率ですが、13級になると1割程度の労働能力損失があると認定されます。労働が10のうち9までしかできないということです。この労働能力損失率が大きくなるほど慰謝料の額も高くなります。詳しくは交通事故弁護士に相談すると良いでしょう。

後遺障害になったら交通事故弁護士

交通事故を起してしまって、後遺障害に悩まされている場合などは、交通事故弁護士に相談すると、事故当事者や保険会社に対して保険金や示談金に関しての知識や交渉などを行ってくれます。

交通事故を起した場合には、保険会社の担当者に任せてしまい、保険会社にいいように保険適用を受けさせられている場合があります。交通事故弁護士は、交通事故を専門にしている弁護士なので、保険に関しても専門的な知識を有しているだけでなく、示談交渉などに関しても、依頼者に最適な提案を行ってくれます。法律的な知識も豊富なので、後遺障害になやまされた場合には相談することが大切です。

後遺障害になったら交通事故弁護士へ

交通事故弁護士は、交通事故による示談交渉や刑事事件などを専門にしている弁護士なので、事故が起こった場合などに相談すると安心です。交通事故によって、後遺障害になった場合には、保険だけでは治療費を賄うのは困難になります。

自賠責保険を請求しても100万円までなので、最終的には事故を起した当事者と民事訴訟をすることになります。民事訴訟などは、法律の専門的な知識がなければ訴訟することもできないので、交通事故弁護士に相談すること、このような手続きなども代行して行ってくれます。弁護士も誰でもいいわけではなく、交通事故の専門の弁護士に相談することが重要です。

ページトップへ戻る