交通事故の相談とは

交通事故について

むちうち慰謝料の相場について

交通事故は自動車の高機能化に伴い大きなものは減っています。しかし、交通事故で悩む方はまだまだ多くいます。交通事故の解決で困ったら迷わず交通事故が得意な弁護士に相談しましょう。

TOP > 交通事故慰謝料 > 交通事故慰謝料事例 > 交通事故慰謝料が受け取れる事例

交通事故慰謝料が受け取れる事例

交通事故慰謝料を受け取れる事例の中でも、後遺障害があったときに増額します。ですが、被害者側として慰謝料の妥当性に疑問に思わなければ、増額することがないです。増額した事例では、多くの場合に弁護士へ依頼していることが挙げられます。弁護士に依頼することによって、後遺障害が残ってしまい被害者の精神ダメージを考慮してくれたりします。また、後遺障害の状況によっては等級が上がることで、必要となる介護についての慰謝料も請求できたりします。いずれにせよ、交通事故慰謝料を受け取るということで、被害者に追わせた罪を償うことにもなります。

老人の交通事故慰謝料請求とその事例について

交通事故慰謝料請求をされた場合、老人の事例というのは少し特殊になります。 働き盛りであるか、また学童であるかということなどでも異なりますし、 給料をもらっているかどうかというのも、慰謝料に関しては大きな違いが出てきます。

もちろん、治療費などについては、大体統一されているところがありますが、 事故を起こしてしまった場合、さまざまなケースにおいて、その慰謝料の額というのは違いが出てきます。

交通事故慰謝料に関しては、保険会社が間に入ることがほとんどですが、相手が保険に加入していないとなりますと、それはこちらとの話し合い、また弁護士をはさんでの話し合いということになります。

事例もたくさんありますので、そういったものを参考に、計算してみると良いでしょう。 老人の年齢によっても異なるケースがありますし、収入状態がどうであるかというのも関係してくる部分もあります。

やはり、交通事故慰謝料については、特例などもでてきますし、専門的な知識を持ったところに相談をするということがベストな方法です。 それは、事故を起こしてしまった場合でも、起こされた場合でも、同じ事だと言えます。 まずは、保険に入っておくということがおすすめです。

交通事故の相談とは

被害者が無職の場合の交通事故慰謝料とその事例について

被害者が会社に勤務しているサラリーマンであった場合には、交通事故慰謝料を含めたトータルでの損害賠償金の計算は、比較的明確であるといえます。

特に、交通事故に遭わなければ稼ぐことができたであろう収入を見積もった金額、いわゆる休業損害に関しては、毎月の給料の金額があらかじめわかっていることから、それをもとにして計算すればよく、会社の給与明細や源泉徴収票など、さまざまな証拠書類を手に入れることができます。

いっぽう、被害者が無職の場合には、交通事故にともなう収入の減少を客観的に主張することが難しいため、交通事故慰謝料が不十分な金額になってしまうことが少なくありません。こうした場合、法律の専門家である弁護士の法律相談を受けて、裁判または弁護士を含めた示談などの対応策を検討するのがよいといえます。

過去の裁判事例などを見ると、家庭の主婦の場合には、賃金センサスでの女性労働者の平均賃金といった統計資料をもとにして、一定の金額が認められる場合が多いようです。まったくの無職であれば、これから就職をするための準備をしていたという事情を裁判で訴えれば、交通事故に遭わなかった場合の収入見込みをもとにして交通事故慰謝料を計算してもらえる場合があります。

事例が増えていると交通事故慰謝料も処理しやすい

事例が増えてきたことによって、多くの処理ができる可能性もあります。なるべく処理しやすい状況を作るようにして、交通事故慰謝料を簡単に判断できる状況が望ましいです。

もちろんしっかり対応してくれる会社がなければなりませんし、弁護士にも見てもらうようにしてから金額を決めてください。相談していかないと、最終的な決断はできなくなっているのです。多くの決断を行ってから、最終的に良いものを判断していくようにします。交通事故慰謝料が高くなっていたとしても、事例による判断として考えていくしか無いので、仕方ないと判断する状況は多いのです。

スムーズに進むように設定されている交通事故慰謝料

交通事故慰謝料は損害賠償として請求を行います。精神的苦痛に対して補填をする為の金額となっています。慰謝料請求の金額は、基本的に当事者の話し合いで決めていきますが、あまりにも高額な場合には、社会通念上からかけ離れているので、認められることがありません。

交通事故は年間にとても多い数が発生していますので、慰謝料を定額化させて、スムーズに示談交渉が行えるようになっています。弁護士は過去の事例などで、どのくらいの金額が適正か理解していますので、保険会社とすぐに交渉をしてくれますので、簡単に示談をすることが出来ます。

メニュー

TOP 交通事故相談 交通事故慰謝料 交通事故慰謝料事例 交通事故弁護士 むちうち慰謝料の相場

ページトップへ戻る