事故後の交通事故慰謝料対応

同じ交通事故であっても、加害者のその後の対応によって交通事故慰謝料が変化する事もある様です。

交通事故が発生した後は、そのままにしないで、すぐに相手の人の怪我の有無などを確認し、そして必要があると判断した場合にはすぐに救急車を呼ぶ必要があります。交通事故後の対応が誠実ではないと判断された場合には慰謝料が増額される事もある様です。

交通事故の慰謝料は、いろんな要素が絡み合っています。また、治療が長引いてしまった場合には、治療が完結してから慰謝料が決定する事もあります。

交通事故の発生から慰謝料が最終的に決定するまで大きなタイムラグが発生する事もあり、当時の状況について忘れてしまう事もある様です。

事故でむち打ちになった場合の交通事故慰謝料について

交通事故が発生し怪我を負った場合、被害者は交通事故慰謝料を請求することができますが、たとえばむち打ちになった場合、どの程度の慰謝料が相場となるでしょうか。 交通事故慰謝料には入通院慰謝料と、後遺障害慰謝料の二種類があり、入通院慰謝料は通院や入院によって被る精神的苦痛に対する支払い、後遺障害慰謝料は後遺障害認定された場合に支払われる慰謝料です。

むち打ちの場合、心身への負担の大きさはケースによって異なりますので、一概に相場を決めることは出来ないでしょう。慰謝料とは、精神的苦痛の代償として支払われるものであり、そのダメージの大きさは、簡単にはかることができないためです。自賠責基準の場合、大まかな基準として、入通院期間、あるいは治療期間の日数に4200円をかけた金額、という目安があります。

この他にも裁判所基準、任意保険基準などがありますが、それぞれ一定ではありません。交通事故慰謝料は、ケースによって様々な要素が絡みますので、それぞれ交渉によって決められるのが一般的でしょう。千葉、茨城には交通事故関連を取り扱っている弁護士事務所が複数ありますので、そういったところに相談をして、交渉を進めていくのが良いといえます。

交通事故慰謝料と搭乗者保険の関係について

保険というものはとても複雑で一般の人では容易に理解できるものではありません。生命保険は種類が少ないですから割と簡単ですが、損害保険のひとつである自動車保険はそれこそ生命保険の数倍も種類があります。ですから、仮に交通事故に遭ってしまった場合、どの保険が適用されるものなのかわかりません。ですから、ある程度は自分で理解しておく必要があります。

交通事故慰謝料という名目からおおよその想像がつきますが、慰謝料には賠償の意味合いも含まれています。ですから、慰謝料は加害者が責任を負うべきものです。それに対して搭乗者保険というのは賠償の意味合いではありません。名前が示すとおり「車に搭乗している人に対して支払われる保険」です。簡単にいうなら傷害保険と考えてもいいかもしれません。傷害保険は賠償とは全く関係ありません。

このような基本を押さえたうえで、交通事故慰謝料について理解する必要がありますが、知識を持つことと実際に行うことはイコールではありません。素人の人が簡単に実行に移せるほど保険は甘くはないのです。ですから、実際に加害者、被害者になったときは専門家に依頼することも考えるほうが賢明です。 また、慰謝料というのは地域によって相場があります。例えば東京や埼玉、千葉、茨城といったふうにそれぞれ異なっています。そうしたことも踏まえますと専門家の力を借りることは必要です。

交通事故慰謝料の裁判基準とは

交通事故が発生したときに、自分がどの立場になったかを考えることが大切です。天災と異なり千葉や茨城でも順調に交通事故慰謝料が支払われた例が存在し、和解へ向けた取り組みに役立つ内容が注目を浴びています。被害者になれば怒りに相当する補償が必要と感じる人が多く、裁判に発展することがあり得ます。

世間で語られている裁判基準をきちんと把握して、両者にとって納得できる環境を考える方向が重要になってきます。交通事故慰謝料は主に弁護士や保険会社の担当スタッフが介入するため、地域ごとの傾向や解決へ向けた取り組みの詳細をきちんと把握することが大事です。相手が支払うことが厳しい場合は、保険会社が仲介する示談が成立する場合が多く、いくら保険を掛けているかが鍵となります。交通事故慰謝料は整合性のバランスを見ていくことが基本となり、裁判をなるべく阻止する行動が大切です。

交通事故の謝罪をしっかりした態度でとることにより、二次的な被害を減らす要素が生まれます。社会の相場を知ることで、冷静な対応を両者が目指すようになります。最善な方法を適用させることができれば、今後交通事故に遭遇したときでも自分の力で解決できる方法が浮かびます。

交通事故慰謝料にかかる贈与税ついて

通常、金銭の支払いが何らかの対価ではない場合、贈与税がかかります。交通事故慰謝料は、損害の穴埋めのために支払われるものなので、これはかかりません。あくまで、交通事故によって受けた精神的苦痛に対して支払われる金銭であり、マイナスをプラスとしたものなので非課税となっています。

ただし、だからといって、被害者の側には良いことばかりとは限りません。なぜなら、交通事故慰謝料が必ずしも満足な額、支払われるわけではないからです。示談をする保険会社は、一円でも少ない額で示談をしようと交渉してきます。被害者は法律的にも無知であるばかりか、交渉ノウハウがないことがおいです。それに対して、保険会社の方はそれを業務としているためノウハウ、法律知識が豊富です。このように、交渉する当事者間の不均衡が、結果として被害者に不利な示談を形成してしまう要因となります。

そうならないためには、この示談交渉をプロである弁護士に任せるのが適切です。弁護士は依頼者の権利を守るために、絶対に不利な条件での示談をせず、妥当な金額での示談を迫ります。また、その方が相手も無理な主張はしてこないため、満足な示談ができる可能性があります。 以上から、千葉や茨城で交通事故慰謝料の支払いの示談をするという方も、弁護士にお願いする方が良いです。

むちうちによる交通事故慰謝料には2種類のものがあります。

交通事故でむちうちになった場合、相手に請求できる慰謝料の種類は入通院慰謝料と後遺障害慰謝料です。入通院慰謝料は交通事故による傷やケガで入院や通院をしたことに対する精神的損害を賠償してもらう慰謝料で、後遺障害慰謝料は一生完治しない後遺障害が残ったことによる慰謝料になります。

後遺障害慰謝料は認められないことがありますが入通院慰謝料は入通院治療をしていれば請求できます。自賠責基準、任意保険基準の相場より弁護士・裁判基準の慰謝料の方が高いので、弁護士に示談交渉を依頼することで高額の交通事故慰謝料を支払われる可能性が高くなります。

むちうちになった時に請求できる交通事故慰謝料の種類

交通事故でむちうちになった時にもらうことが出来る交通事故慰謝料には、入通院慰謝料と後遺障害慰謝料の2つがあります。1つ目の入通院慰謝料は、交通事故に遭うことによってケガをしたり、病院に入院、通院したことによって精神的な損害を被ったことに対して賠償を求めるための慰謝料です。

そして後遺障害慰謝料は、交通事故に遭うことによって、その後一生治らない後遺障害が残った場合に対する慰謝料です。むちうちの症状が出たケースでは、病院等に入院や通院していれば入通院慰謝料は請求が認められやすいですが、後遺障害慰謝料については請求しても認められないケースがあります。

ページトップへ戻る