交通事故慰謝料の算定をする際の相談

交通事故慰謝料の算定をする際には、弁護士に相談をすることで、具体的なアドバイスを受けることが可能となります。現在では、専門的な経験を持つ弁護士の取り組みについて、様々な場面で注目が集まっており、信頼のできる知識をしっかりと身につけることが肝心です。

もしも、交通事故慰謝料の相談の内容についてこだわりがあれば、各地の実績のある法律事務所のサービスの良しあしを比較してみることが大事です。その他、既に交通事故のトラブルを解決した人の口コミを参考にすることで、いざという時にも冷静に行動を取ることができます。

被害者が幼児の場合の交通事故慰謝料について

幼児が交通事故にあうケースは、少なくありません。とてもショックな事ですが、もし自分の子供が交通事故にあった時は、交通事故慰謝料をもらう為の準備を、しっかり行う事が大切です。

一般的に、幼児が交通事故の被害者の場合でも、大人と変わらない水準で慰謝料請求ができます。しかし、万が一、子どもが死亡をした場合は、大人が死亡したケースより比べると、慰謝料の金額が下がる事も多いです。また、示談になると、任意保険の水準でしか金額が提示されず、大幅に慰謝料の額が低くなる場合があります。

そこで、千葉や茨城を中心に相談を受け付けている弁護士事務所などのプロへ依頼をすることで、交通事故慰謝料が大幅にアップすることが可能です。また、最近の保険では、弁護士費用特約というものがあり、弁護士へ支払いをしなければいけない手数料を、一部、保険会社が負担するという内容です。一般的に、弁護士事務所へ相談となるとお金がかかるイメージがありますが、保険の特約などを上手に生かして、できるだけ、交通事故慰謝料を支払いしてもらえるように、努力することが大切です。示談になると、慰謝料が大幅に下がる為、自分で弁護士事務所を介するなど、正しい知識を持っておくことも大切です。

むちうちによる交通事故慰謝料の内訳

クルマで追突されたときなどに起きやすいのがむちうちです。その場合、治療費などを相手方から請求することができるほか、症状の程度によって交通事故慰謝料を請求することもできます。

慰謝料には入院や通院による精神的苦痛に対する入通院慰謝料、後遺障害認定された時に請求できる後遺障害慰謝料、そして後遺障害がなければ得ることができたはずの収入に対する後遺障害逸失利益や休業損害などがあります。

むちうちによるダメージが大きければ大きいほど、慰謝料の額も上がっていきますが、保険会社との交渉においては自分で行うよりも専門の弁護士に任せた方が有利に進むことが多いです。

むちうち交通事故慰謝料の基準

むちうちによる交通事故慰謝料の額は、自賠責保険、任意保険、そして裁判所によって基準が異なります。自賠責保険の場合は、実通院日数を2倍した数か、治療期間のどちらか少ない方に、4,200円をかけて算出します。

任意保険の場合は、通院期間と入院期間によって算出されますが、6か月通院した場合は642,000円、そこに入院1ヶ月が加われば832,000円となります。裁判所の場合は、保険に比べると高い交通事故慰謝料を請求することが可能です。たとえば、通院6か月の場合890,000円、そこに入院1か月が加われば1,130,000円が相場です。

むちうちになったら交通事故慰謝料はちゃんと請求しましょう

交通事故に遭ってしまい被害者になってしまった時に、多くの人が悩まされるのがむちうちです。この症状は骨が強い衝撃によってずれてしまうことが原因ですが、よくイメージされているものに首が痛いというものがあります。

確かにそのように直接的な症状もありますが、神経は意外な場所への影響もありますから、首だけが症状の場所だと思わない事です。交通事故に遭ったら、きちんと病院での検査を受けて、むちうちと診断されたら交通事故慰謝料をもらう手続きをしましょう。訴訟というほど大げさなものではなく、相手方の保険会社に連絡すれば手続きをしてくるはずです。

ページトップへ戻る