賠償金問題に発展する交通事故

交通事故が起こった後に問題になる事が多いのが賠償金の問題です。

中には弁護士に相談する人もいます。被害者と加害者の意見が一致せずに、お互いが納得できるように解決する事は簡単ではありません。

時には問題がこじれてしまう事もあります。また、賠償金だけの問題ではなく、他にも怪我や後遺症などの問題もあります。

何より恐ろしいのは誰かが命を落としてしまう事です。そうなってしまえば何をやっても取り返しがつきません。

普段の生活では交通事故の恐ろしさを実感する事はあまりありませんが、絶対にその様な事にならないためにも注意したいですね。

右折時の事故の交通事故慰謝料について

交通事故を起こす現象としましては、色々なパターンがありますがその時に右折時にて、交通事故を起こしてしまう場合があります。この時の交通事故慰謝料につきましては、その時に右折車に対しどれだけの過失があったかによって交通事故慰謝料の算出が決められてしまいます。

当然の如く右折車でない車が、人身事故を掛けてきた場合につきましては幾らこちら側が悪くなくても、人身を掛けてきた方が有利になってしまうのです。人身にならない場合につきましては右折車がどのような違反があったのか、無かったのかが重要なポイントとなってきますので、このポイントをしっかり押さえておくのが重要になってきます。

このような事を避ける為には、右折時にきちんと安全確認を行い、信号が切り替わりそうな時には無理せずにしっかりと安全確認をし進行又は次の信号まで待っておくことが重要になってきます。また、人との接触の場合に関しましては完全に車側が悪くなってしまいますので、この時には違反等関係なしに、交通事故慰謝料を支払わなければならなくなってしまうのです。千葉や茨城におきましてもこういった事例は多数ありますので、車を運転する際には安全確認が十分注意が必要になってきます。

むちうちの交通事故慰謝料

交通事故に遭ってむちうちになるということをよく耳にしますが、その交通事故慰謝料は、入通院慰謝料と後遺障害慰謝料の2つがあります。計算方法は、自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準の3種類があります。

その中で一番高い金額を得られるのは弁護士に寄るものです。交通事故慰謝料というのは事故に遭ったことで精神的障害に対する賠償金です。病院の治療費や通院交通費等は慰謝料には含まれませんし、事故に遭った方が事故前にどれだけの収入を得ていたかというのは、精神的な苦しみではないので影響しません。交通事故で収入に応じて変わるのは損害賠償金です。

むちうちで交通事故慰謝料を請求する時の注意点

交通事故に遭ってむちうちになった時に請求できる交通事故慰謝料の中でも、入通院慰謝料は請求が認められやすい慰謝料の一つです。この入通院慰謝料をしっかりと請求するためには、事故後すぐに病院を受診することが重要です。

実際にむち打ちの場合は事故直後にはすぐに自覚症状が表われないことも少なくないので、すぐに病院に受診しない人も少なくありません。しかし事故に遭った直後に病院で受診していないと、後になって症状が表われても交通事故との関連性を認めてもらえず、入通院慰謝料の請求が認められなくなるケースがあるので注意しなければいけません。そして、受診した医師に従ってしっかりと治療を続けていくことも大切です。

むちうちの交通事故慰謝料が決定される3つの基準

交通事故でむちうちの症状が出た時には、交通事故慰謝料を請求することが出来ますが、実際に支払いを受けることができる金額は次の3つの基準で決定されるようになっています。まずは裁判所基準です。これは裁判所が決定を出した過去の判例の蓄積によって定められた基準です。

次に任意保険基準です。これは各保険会社が独自に設定した金額決定の基準です。具体的にどのような仕組みで金額を決定しているのかは公表されていません。最後に自賠責保険基準です。交通事故の被害者に対して、最低限の補償を行う制度によって定められた基準です。

交通事故の相談とは

ページトップへ戻る