交通事故弁護士の選び方

交通事故に強い弁護士はどのように探せばいいのだろうか?弁護士事務所をネットで検索するという手もありますが、本当に強いかどうかは信用できない。ではどうするか?

知人に弁護士がいれば聞けば分かるが、そんな相談するのも失礼かもしれない。では、どうする?「判例時報」や「自保ジャーナル」に掲載されるような弁護士を探せばいいのです。

まずは、ネットでチェックから交通事故弁護士を探してみよう。

交通事故の被害者となってしまった時に、加害者とは保険会社を通じて慰謝料の交渉をすることとなります。もちろん自分で交渉することも可能ですが、相手はプロであり素人では太刀打ちできずに不利な条件を飲まされてしまう可能性があります。交通事故弁護士に依頼することで被害の程度に応じた適切な慰謝料を請求できる可能性が高まります。

気になる相談費用ですが、一般的に着手金が20万円前後で、成功報酬として10%を上乗せした金額を報酬として支払うことが一般的と言われています。最近では成功報酬のみ、といった事務所も増えてきていることから一度相談してみるとよいでしょう。

後遺障害で交通事故弁護士を選ぶ理由

交通事故による後遺障害などで弁護士に依頼するメリットとして賠償金の増額が見込めること、面倒な保険会社との交渉をすべて任せられることなどが挙げられます。ただし、弁護士に依頼すると弁護士費用がかかり、受け取った賠償金の一部を支払うことになります。

弁護士にも分野によって得手、不得手がありますので、選ぶ際は交通事故の案件に強く、より多額の賠償金獲得が期待できる交通事故弁護士を選びたいものです。ネット上にサイトを開設している法律事務所も多く、探せば交通事故の案件に力を入れているところがすぐに見つかるはずです。各サイトを比較すれば実績や費用などが把握できますので、判断材料として活用できそうです。

後遺障害認定・慰謝料請求なら交通事故弁護士へ

自分で運転している時に、追突事故や接触事故など他車との事故に巻き込まれる経験は少ないかもしれません。そのような時は慌てていたり焦っていたり、普段通りではないでしょう。自動車の事故に関することなどは保険会社に任せれば良いのですが、自身の身体の状態はどうでしょうか。

身体に痛みや障害が残っていて、医者にしっかりとした診断書を書いてもらえれば、‘後遺障害’に認定され交通事故の慰謝料をたっぷり請求できることになります。一般の方は何から始めればいいのかわからないと思います。ここは‘交通事故弁護士’の出番です。医者にしっかりとした診断書を書いてもらう方法や慰謝料の請求の仕方など寄り添って助けます。

交通事故弁護士なら後遺障害の相談をするのに適している

交通事故弁護士ならば、交通事故の後遺障害の相談をするのに適しています。なぜなら、交通事故特有の問題についてもカバーしているため、事例に即したアドバイスをすることができるからです。後遺障害については、それを主張することができるのかどうかについて、重要になってきます。

それは、実務での状況を把握していないと正確な提案をすることができないでしょう。交通事故弁護士同士の中から選ぶのであれば、その中でも特に実績がある所を選ぶと良いでしょう。これは、弁護士のホームページで紹介されていることがあります。後は、個別に信頼できそうかどうかで決めて下さい。

後遺障害が認められない場合は交通事故弁護士に相談を

交通事故に遭って怪我を負ってしまい治療を受けて完治できれば問題ないのですが、場合によっては後遺症が残ってしまうことがあります。この後遺症は、後遺障害として認められなければ、後遺症の症状があっても、慰謝料は入通院慰謝料としてしか計算されないことになってしまいます。

本来、後遺障害慰謝料として損害賠償金が請求できる権利が、認められなければ大幅に減額されてしまう可能性があります。そのため、そういったトラブルを避けるためにも交通事故の損害賠償金の問題に詳しい交通事故弁護士に相談するのが良い方法の1つとなります。

交通事故弁護士に後遺障害を相談するメリット

交通事故弁護士に後遺障害について相談するメリットは、それ以外の弁護士に相談するよりも正確な助言をしてもらえることです。弁護士は専門分野が広いので、それぞれ自分が得意とするところについては詳しくても、それ以外には詳しくないという方も多いです。

そのため、自分が相談したい分野を専門とする方を選ぶのが適切です。そこで、後遺障害について相談するなら、交通事故弁護士を選びましょう。また、相談だけではなく、保険会社との交渉をしたり損害賠償請求をしたりする場合にも役に立ちます。いずれにせよ、まずは相談をして対応を考えましょう。

むちうち後遺障害による交通事故慰謝料

交通事故によるむちうちが重度になると、後遺障害が残ってしまうことがあります。交通事故で後遺障害が残ると、交通事故慰謝料を請求できます。後遺障害による慰謝料を請求するためには、まず後遺障害を認定してもらう必要がありますが、通常むちうちの場合は14級9号と12級13号が認定されます。

第12級13号は局部に頑固な神経症状を残した場合であり、症状が少し軽いけれども神経症状が残っている場合は14級9号となります。第12級13号が認定されるためには、画像診断や神経学的検査によって医学的な証明が必要ですが、14級9号は証明されなくても自覚症状だけでも認定されます。

交通事故弁護士について

ページトップへ戻る