多重の交通事故を防ぐ

多くの人は交通事故に遭うと気持ちが動転してしまって、何をしているのか分からなくなってしまう事もあるみたいですね。しかし、その際には多重の交通事故を防ぐ様にしないといけません。

もし、できそうであれば事故の車両を端に寄せたりする必要があるでしょう。その際に追突されたり、対向車線の車などには十分に注意する必要があります。

事故が重なってしまうという事もある様です。カーブの場所では視界が更に悪くなる事が予想されます。普段であれば、危ないという事に注意ができても、この様な時には注意が届かなくて、更に事故に巻き込まれる事も考えられます。

なるべく冷静に対応する様にしたいですね。

交通事故慰謝料に関わる等級認定とは

交通事故で被害者となり、負傷してしまった場合には、損害賠償金の請求を加害者に対して行うことになります。ただし、直接加害者に請求することは殆ど無く、基本的には加害者が契約している保険会社(自賠責保険・任意保険)に対して請求を行います。よって、交通事故の損害賠償金に関する交渉は被害者と加害者側の保険会社との間で行われることになるのです。損害賠償器の算出は怪我が完治してから行われます。

しかし、怪我の状況によってはいくら治療しても症状が緩和されないものもあります。このように症状が残ってしまう場合には後遺障害の等級認定を受けることによって『後遺障害慰謝料』という交通事故慰謝料が支払われます(慰謝料以外にも後遺障害逸失利益が支払われます)。この交通事故慰謝料に関わる等級認定は非常に重要なものとなります。後遺障害慰謝料は後遺障害の等級によって定められているのです。

もっとも重い1級から14級まで分かれていますが、この等級によって受け取る金額が大きく異なってくるのです。そして当然ですが、後遺障害の認定そのものを受けなければ、後遺障害慰謝料を受け取ることはできません。特にむちうちなどの説明しづらい症状については、後遺障害の等級の認定を受けることは難しいと言えます。保険会社は後遺障害を認めたくないスタンスをとっています。よって、むちうちなどで後遺障害の認定を受ける場合には、交通事故を専門としている弁護士などに相談することが望ましいと言えるでしょう。

むちうちの交通事故慰謝料について

むちうちというと軽症のイメージがあり、交通事故慰謝料は貰えないように考えている人も多いと思います。しかし、人によって肉体的、精神的ダメージの度合いは違います。交通事故慰謝料は、このダメージの度合いによって支払われるので、むちうちでも、保険会社の人が妥当であると認定すれば、慰謝料が支払われます。

なので、被害者の怪我の程度により、支払われる金額も人によって違ってきます。また、保険には自賠責保険と任意保険があり、自賠責保険の慰謝料の基準と任意保険の慰謝料の基準によっても違いがあります。その他にも、裁判所による基準もあります。

交通事故慰謝料をむちうち治療の費用に充てよう

事故直後は異常がなくても、数日経つと手足のしびれやめまい、倦怠感などの症状が出ることがあります。むちうちは徐々に不調が現れる厄介な後遺障害で、レントゲン検査でも異常が見つかりにくく、障害として認定されないこともあります。

障害として認定されないと、治療費や慰謝料が適切に支払われず、その後の生活で負担・苦労を強いられることになります。むちうちで確実に交通事故慰謝料を獲得したいなら、交通事故問題が得意な弁護士に相談した方がいいです。交通事故問題に詳しい弁護士は、複雑で面倒な障害認定・請求手続きを手厚くサポートしてくれます。

むちうちの交通事故慰謝料の請求は弁護士に任せた方が良い

交通事故に遭ってむちうちの怪我を負った方が加害者に交通事故慰謝料を請求するのであれば、弁護士に任せた方が良いです。相手が保険に加入していれば、保険会社との間で損害賠償と慰謝料を合わせた示談金について示談をしていくことになりますが、保険会社は営利企業であるため、支払額を低くしようとしてきます。

被害者が法的知識に疎いと、それが妥当か否かの判断ができないため、低い賠償額で示談が成立してしまうことがあります。その点、弁護士は、それが妥当かどうか判断できますし、保険会社も弁護士に無理な主張をすることができないとわかっているため、適切な額での示談が成立しやすくなります。

ページトップへ戻る