交通事故にあった時の慰謝料相談はどこにすればいいか

交通事故なんて一生のうちに何回も経験するという人は少ないでしょう。ですから、その事故にあった時に慰謝料をどう請求していけばいいかというのはわからないという人が多いはずです、まず、事故にあったら相談できる弁護士を探すことをおすすめします。

この弁護士選びでは交通事故を専門的に扱っていて、そういう関係の法律に詳しい人を探すといいのではないでしょうか。それから、弁護士との相性も重要になってきます。

その事故に関しての状況をなるべく正確に伝えなければいけないということもあるので、信頼できる人を探すことが重要になってくるのです。慰謝料は弁護士がいかに頑張ってくれるかによって獲得できる値段が異なってきます。もしよかったら、参考にしてみてください。

交通事故慰謝料を請求する方法”被害者請求”

交通事故慰謝料を支払うのは、加害者ですが、加害者が入っている自賠責保険から、とりあえずは一定額が支払われます。自賠責保険の入通院に対する給付限度額は、120万円です。治療費その他も含めての金額です。示談成立まで、自賠責保険から出る給付金も含めて、被害者には一般的に何も支払われませんが、示談よりずっと前に、被害者が交通事故慰謝料を受け取れる方法があります。

それが、自賠責保険の被害者請求です。被害者が、自分で、加害者の加入している自賠責保険会社に請求をします。被害者が重傷ではなく、自分で事務手続きできるのであれば、被害者ひとりで十分に対応できます。しかし、重傷で身動きできなかったり、諸事で忙しく、被害者請求手続きをしている時間がない場合は、行政書士事務所や法律事務所などに相談することもできます。

千葉や茨城にも、数多くの行政書士事務所や法律事務所がありますので、インターネットで検索するなどして探し、依頼するのもひとつの方法です。交通事故の被害者は、仕事もできなくなっている可能性もあり、交通事故の被害に遭ったことで必要になったさまざまな出費を、示談成立まで自己負担するのは不条理とも言えます。被害者による請求は容易にできることですので、検討してみましょう。

むちうちで交通事故慰謝料請求をしたいときに弁護士に相談

むちうちで交通事故慰謝料を加害者に請求したいなら、弁護士にまずは相談すべきです。請求をすること自体は自分一人で行うことができますが、それは本当に法的に主張することができる権利なのか、素人では判断ができません。

もし、その主張が法律的に見て意味がないのであれば、請求をすることが無駄になってしまいます。そこで、事前に専門家に相談をして、請求が可能かどうかのアドバイスをもらっておくのが重要です。また、相談だけではなく、弁護士は交渉や訴訟を代理してくれますので、依頼すれば素人が行うより確実に権利を実現してもらえます。

むちうちの交通事故慰謝料の相場

交通事故の被害に遭って、むちうち障害が起こった場合は、交通事故慰謝料を相手に請求することができます。慰謝料は、精神的苦痛に対する金銭の支払いなので、通院費や休業による損害など、損害賠償と別に請求をすることが可能です。

これは、民法の不法行為の条文で権利として定められているため、適切な主張をしていけば、仮に相手が請求に応じなかったとしても、最終的に訴訟で請求を認めてもらうことができます。もし、これについて相談をしたいのであれば、弁護士に相談すると良いでしょう。弁護士なら、確実なアドバイスをしてくれますので、疑問を解消できます。

むちうちにあったときに交通事故慰謝料は請求できる

交通事故は、不法行為であるため、被害者は加害者に不法行為に基づく損害賠償を請求することができます。また、併せて加害者に対して交通事故慰謝料を請求することも可能です。損害賠償は、実際に被った損害を回復させるために支払われる賠償で、慰謝料は精神的な苦痛に対しての金銭の支払いです。

このように両者は性質が異なります。慰謝料は個別の事情によって左右されやすい問題であるため、むちうちになった人が具体的にどのくらいの請求ができるのかについて知りたいならば、交通事故弁護士に相談をしてみると良いです。過去の事例などから、どのくらい請求できるかアドバイスしてくれます。

交通事故弁護士について

ページトップへ戻る