交通事故における慰謝料と賠償金

両者がお互いに自分の言い分を通す事ができずに、トラブルへと発展する事もある交通事故ですが、その中でも慰謝料や賠償金が話題に上がる事は多いかと思います。

しかし、交通事故におけるこれらのお金はどの様に違うか知っていますか?

慰謝料というのはメンタル面の苦痛に対して払うものをいいます。そして、賠償金というのは、それも含まれますが、他にも車や建物が壊れた際に弁償するお金なども含まれます。

難しい言葉やややこしい言葉がたくさん出てくる事もありますが、できるだけしっかりと把握したいですね。言葉について知っていないと、話し合いになった時に相手の話を正確に理解できない事もあるでしょう。

事故で捻挫した場合の交通事故慰謝料について

事故で捻挫した場合の交通事故慰謝料は、そこまで高い金額にはならないでしょう。その理由は、交通事故慰謝料とは、事故によって生じた精神的な損害を償う目的で支払われる金銭だからです。捻挫程度では精神的損害が大きくなるとは考えづらいので、高い金額にはならないと推測することができます。

ただし、これはあくまで一般的な傾向です。人によっては、体を資本としているスポーツ選手などもいますが、そういった方は、それによって受けるダメージはシビアであることもあります。そうなると、それによって受ける精神的な損害についても大きくなることがあります。

具体的に加害者側が支払いをする時には、示談を結べば示談で、損害賠償と慰謝料は一括して支払われます。ただし、裁判で請求する場合は個別に請求額を特定していく必要があります。また、具体的に書く損害について住庁や立証をしていかなくてはなりません。示談についても、加害者側の保険会社が出し渋ることは有りますので、この点は注意を要します。もし、自分に不利な合意を求められるような場合は、それにすぐに同意をせずに、弁護士に相談をする必要があります。千葉や茨城でも、交通事故を専門としている弁護士なら、この点についての力になってくれます。

交通事故でむちうちになった時の交通事故慰謝料

交通事故でむちうちになってしまったら、事故の相手方に対してその慰謝料を請求することができます。交通事故慰謝料で相手に請求できるのは、入通院院慰謝料(障害慰謝料)、後遺障害慰謝料の2種類です。

むちうちの場合は入通院治療を受けて入れば入通院慰謝料を請求することが可能ですが、後遺障害慰謝料については認められるケースと認められないケースがあります。後遺障害は等級があり、障害の程度によって等級が分けられます。認定を受けられるのは、等級第14級9号(局部に神経症状を残すもの)と第12級13号(局部に頑固な神経症状を残すもの)です。

交通事故慰謝料についてむちうちを負った人が相談するなら

交通事故慰謝料についてむちうちを負った人が相談をするなら、交通事故専門の弁護士を選ぶのが確実です。なぜなら、交通事故について詳しいので、他の分野を専門とする人に相談するよりも正確なアドバイスを期待することが可能だからです。

どのような弁護士が交通事故を専門としているかは、弁護士のホームページをチェックするのがおすすめです。最近の弁護士は、ホームページを持っていて、そこで何を専門として扱っているのか宣伝しています。したがって、それを見ておけば、交通事故慰謝料についてむちうちを負った人が相談するのに適している方を見つけることができます。

むちうち被害の交通事故慰謝料請求は交通事故弁護士に相談

交通事故弁護士は、交通事故を専門としています。そのため、むちうち被害に遭った方が交通事故慰謝料の相談をする際に活用すると、状況に応じた正確な助言をもらうことができます。そこで、交通事故弁護士を選んで相談するのがおすすめです。

交通事故慰謝料は、始めは示談交渉をすることになるでしょう。加害者が保険会社に入っていれば、保険会社の交渉担当と交渉をしていきます。彼らは専門知識を持っているため、自分で交渉をすると不利であるのは間違いありません。そこで、交通事故弁護士に相談をして、必要であれば交渉の代理もしてもらうと良いでしょう。

交通事故の相談とは

ページトップへ戻る