交通事故に遭ってしまったら弁護士へ

交通事故はいつ、どこで、どんな時に起こるか分かりません。
注意していても様々な場面において交通事故に巻き込まれるという可能性も考えられます。

プライベートで遊びに出掛けている際に巻き込まれたり、仕事でどこかに移動している最中に交通事故に遭うという事も考えられます。事故を起こした相手とトラブルになることも時にはあるかもしれません。

よくあるのが慰謝料についての問題です。すぐにお互いが納得できる解決ができればいいですが、そうスムーズに解決しないこともあります。

慰謝料問題などを長引かせないために、早めに弁護士に相談する様にしたいですね。きっと弁護士は相談者に対して分かりやすく説明し、いいアドバイスも行ってくれる事でしょう。

慰謝料だけでない交通事故対策の保険

免許を取得している人など交通事故対策として保険に加入している人は多いと思います。交通事故が発生した時に、一番大きな問題となるのは何といっても慰謝料でしょう。

しかし、慰謝料の支払いだけが交通事故対策として加入する保険の利点ではありません。もちろん、慰謝料はしっかりとカバーしてくれますが、ロードサービスが付いてくる保険もあります。

多額の慰謝料が発生する交通事故が発生する可能性はそれほど多くはないでしょう。しかし、ロードサービスはたびたび利用するという人もいるのではないでしょうか。

交通事故対策の保険を選ぶ際には、慰謝料はもちろんですが、その他にもどんなメリットがあるのか調べてみたいですね。

交通事故弁護士に示談交渉を頼むメリット

交通事故に遭った時、ほとんどの場合は自動車保険会社が示談の代行をしてくれます。ですから、示談交渉を交通事故弁護士に依頼する必要はないことが多いですが、示談の提示内容に納得がいかない場合も出てきます。

そういう場合は、必ずしも示談に応じる必要はないのです。その代わり、保険会社の示談代行は打ち切りとなるので、あとは自分で交通事故弁護士に依頼して、示談なり訴訟なりを進めていかなくてはいけません。

保険会社と違って弁護士の場合は、自分の納得する示談内容で話を進めることができることがメリットです。相手方と折り合いがつくまでは、裁判になったり手間はかかりますが、納得のいかない示談内容を飲む必要もなく、最後まで戦うことができることは一番のメリットです。

交通事故弁護士に加害者の保険会社との交渉を依頼する

交通事故の被害者は、相手に対して受けた損害分の賠償請求をすることができます。賠償金の額や内容を細かく決め、交通事故の和解策を探すのが示談交渉です。 示談交渉はその交通事故の当事者どうしの話し合いですが、保険には交通事故を起こして加害者になってしまった時に備えた示談交渉代行特約が付いているので相手はそれを使い、実質的には被害者対相手の保険会社での交渉になります。

相手の保険会社は賠償金をできるだけ安くしたい立場ですから、被害者に交通事故弁護士が付いていないと見れば安い金額を提示して示談に持ち込もうとする可能性があります。 示談交渉で損をしないためには、交通事故弁護士に相談をして交渉を代行してもらうのが最善の策です。交通事故弁護士は、被害者に代わり加害者サイドの保険会社と交渉をして被害者が不利にならないような解決の話し合いをしてくれる弁護士です。

事故で植物状態になった場合の交通事故慰謝料について

交通事故で脳に大きな損傷を与えられた場合、意識不明や脳死などの障害を起こしてしまうことがあります。自力移動が不可能、自力接触が不可能、便や尿失禁を起こす、ほとんど意思疎通は不可能、眼球は動いていても認識することは出来ない、声が出ても意味がある発言はできないなどの状態が3か月以上続くことを植物状態といいます。

この場合、一般的には最も重い後遺障害等級第1級が認定され、交通事故慰謝料として請求できるのは、後遺障害慰謝料として相場はもっとも低い自賠責基準の場合には1100万円程度、もっとも高額な弁護士基準・裁判基準の場合には2800万円が目安であるといわれています。また、近親者の慰謝料も請求することができます。

交通事故慰謝料を請求するためには、病院で医師による診断を受け、後遺障害等級の認定をもらいます。要介護1級の植物状態になった場合には、慰謝料だけで2800万円程度の補償を受けられます。また、入通院慰謝料も請求することができます。 それ以外にも、逸失利益や将来介護費、休業損害、付き添い介護費、入院雑費、入院治療費がなど損害賠償請求することができます。入院・通院付き添い費は業者に依頼の場合は全額、近親者の場合は1日当たり5500~7000円程度が裁判基準で認められています。 千葉県や茨城県では、弁護士による交通事故の無料相談などもやっています。

交通事故慰謝料は弁護士相談。無料相談会を行っている弁護士もありますので利用してみては?

交通事故の慰謝料交渉は弁護士へ。車両保険には弁護士費用も含まれているものもあります。

むちうちによる交通事故慰謝料

交通事故が起きた時に、一番起こりやすい症状としてむちうちがあげられます。むちうちは、軽傷と見られがちで交通事故慰謝料が低いと思われがちですが後遺症が起きやすい場合もあります。

こちらの症状を発症した場合に、慰謝料として支払われるものは治療費や入院費休業損害等が挙げられます。こちらは、症状の重さや状態によって大きく変わってきますが自賠責基準や任意保険基準の慰謝料という基準に沿って大まかには決められています。もしも、交通事故を起こしてしまったらまずは保険会社に報告をして万が一の事態になった時には弁護士に相談することが好ましいでしょう。

後遺障害の問題に強い交通事故弁護士の必要性

車社会と言われる現代では、交通事故の数も多く実際に被害に遭う人もかなりの数に上ります。事故後はどうしてもパニックになりがちですが、きちんと法的な事故処理を行うことが大切です。

一見軽微な事故でも、むちうちなどの後遺障害に苦しむケースも見られるので、怪我に関しても専門家の診断を受ける必要があります。また長引く後遺障害では、交通事故弁護士に相談して得られる助けも役に立ちます。怪我の程度や通院期間などにより慰謝料を請求できますが、素人には分かりにくいのが実情です。専門の弁護士なら、被害者の身になった交渉を期待できます。

後遺障害が残る怪我の保険の適用は交通事故弁護士に相談を

通勤しているときに交通事故に遭い後遺障害が残る怪我を負ってしまったときに労働基準監督署に出向いて相談をすると自賠責保険を適用することを勧められることが多いですが、自賠責保険と、労災保険のどちらの保険を適用するのかについては、交通事故に遭った人が、場合によっては交通事故弁護士に相談をした上で、自由に決定することが可能となっています。

労災保険は厚生労働省が管轄していて、自賠責保険は国土交通省が管轄しています。しかし、残念ながら休業損補償や、治療費については、自賠責保険と、労災保険の両方から支給を受けることが、できないので注意をする必要があります。

交通事故相談の中で上位を占める後遺障害の等級問題

交通事故相談の中でも、後遺障害の等級認定は関心事として扱われています。なぜなら、等級が違うだけでも、請求できる賠償額に大きな開きが出るからです。等級に関しては、被害者側に高度な知識が要求されるだけでなく、加害者側の保険会社の思惑に惑わされないことが重要になってきます。

その理由には、できるだけ保険金を支払いたくないという保険会社側の本音があるためで、安易に書類へ印鑑を押さないことが肝心となってきます。適正な保険金を受け取るには、やはり法律事務所への相談が不可欠で、医学知識に長けた弁護士に任せることが最良の選択です。

むちうち慰謝料の相場を知りたい!

むちうち慰謝料の相場を知っておけば、自分がもしなってしまった時でも安心して請求をすることができますよね。平均といってもどういった方法で請求をするのか、どれくらいの症状での請求なのかによって大きく異なってくるのですが、後遺症が残ってしまうような場合の相場は弁護士基準で請求をかけた場合には100万円から150万円というくらいになります。こちら自賠責で請求をした場合には90万円程度という金額を提示されることもあるためその差に驚きますね。むちうち慰謝料をしっかり請求したいというのであれば、多少費用がかかりますが、弁護士を雇った方が安心です。

ページトップへ戻る